究極の板金CAMで、レーザー、パンチ共に
簡単割り付け、高歩留りで材料費削減できます

お電話でのお問合せはこちら

0120-092-023

English

製品紹介

MACsheet IST

MACsheet ISTとは?

CAM/ネスティング機能を強化した、CAD/CAMソフトウェアです。

加工ノウハウを反映した自動割付機能により効率的にNCデータを作成し、多彩なアルゴリズムのネスティング機能で状況に応じた最適な歩留まりを実現します。

主にDXF・DWGファイルを読込み、NCプログラムを作成しますので上位CADを選びません。お持ちのCADシステムで作成された展開データが使用出来ます。最近では設計の三次元化が定着しつつあり、作成されたパーツデータを有効に活用できれば、効率向上にも繋がります。
主要メーカ*1の3D CADからはCADLink機能を使用し、ダイレクトにパーツデータを受け取ることが可能です。

また、基本的な形状の作成や修正ができるCAD機能を持ち、展開図作成からNC作成までをカバーすることも出来ます。

AutoNest(ネスティング)では、複数パーツデータに一括で自動割付が実行でき、CAMにかける時間の短縮を実現し、歩留まり向上、端材を使用したネスティングを実行することを可能にしたシステムです。

導入のメリット

ネスティング歩留まり向上とCAMにかける時間を短縮できます!

AutoNest(ネスティング)は複数パーツデータを一括で自動割付を実行することが出来、歩留まり向上のための配置機能を持っています。

端材を有効に使用出来ます!

端材をデータベースに登録することにより、ネスティングに使用することが可能になります。

3D CADのデータを活用出来ます!

主要メーカ*1の3D CADからはCADLink機能を使用し、ダイレクトにパーツデータを受け取ることが可能です。

生産管理から出力できる情報を活用出来ます!

部品名(DXFファイル名)、注文数、材質、板厚の情報が入力されているCSVデータを使用し、ネスティングが開始できます。

機能

AutoNest (ネスティング)

多彩なアルゴリズムを用意し、詳細な設定にて配置の優先やグループ作成などの機能も使用することにより、歩留まりの良いネスティングを行います。
ネスティングに使用する部品データ(DXF)は、自動割付機能を使用し、複数データを一括で割付を実行することが出来、CAMにかける時間短縮が行えます。

ネスティング

自動加工割付機能

自動金型割り付け・レーザー自動割付は、ジョイント設定・シューター設定などの加工ノウハウを登録し、その情報を使用し割付を実行します。

自動金型割付機能

ISTでは金型の詳細設定や特型割り付け、ジョイント設定等様々な加工ノウハウが登録できます。登録された情報を使用し、自動割付が実行されます。

自動金型割付機能
レーザー自動割付機能

加工機、材質、板厚毎にレーザー加工条件テーブル・パーツハンドリングテーブルを持ち、加工ノウハウを登録することが出来ます。登録された情報を使用し、割付が実行され、安定した割付が可能になっています。 割付時に加工順序も変更されます。設定によって下記のような軌跡を変えることができます。

レーザー自動割付機能

端材登録と端材ネスティング

ネスティング後の残材を板材データベースに端材として登録が可能です。
ネスティング実行時、板材データベースより、定尺材・端材を選択する事が出来、使用優先順位を指示することが出来ます。
状況に応じて、端材を使用したネスティングデータを簡単に作成する事が出来、材料を有効に使いきることで、コストダウンを可能にする機能です。

端材登録と端材ネスティング

CADLINK機能(オプション機能)

ISTにシームレスに展開図を送信可能
3D CADにあるExportアイコンをクリックするだけで、ISTにデータが渡せます。伸び補正はISTの持つ伸びテーブルの情報を使用することが出来ます。

*1 SolidEdgeR/SolidWorksR /AutodeskR InventorR /Pro/ENGINEERR
SolidWorks®は、Dassault Systemes SolidWorks Corporation の登録商標です。
Solid Edge®は、Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.の商標です。
Autodesk®、およびAutodesk® Inventor®は米国オートデスク社および
その他の国における商標又は登録商標です。
Pro/Engineer®は、Parametric Technology Corporationの登録商標です

CADLINK機能

パイプ・アングル(オプション機能)

角パイプ、丸パイプ、アングル加工データをパターン入力により簡単に作成できます。
角パイプ、丸パイプでは3D CADにて作成したモデリングデータもTubelink機能を使用する事で即座に加工データにする事が出来ます。

パイプ・アングル(オプション機能)

パイプネスティング(オプション機能)

通常の平板加工同様にネスティングにて歩留りの良い配置を行えます。

パイプネスティング(オプション機能)

動作環境

MACsheetシリーズ ハードウエア要件(推奨環境)

オペレーティングシステム Windows 7 Professional (64bit) (日本語版)
プロセッサー インテルR Core i7 、インテル® Xeon® E3プロセッサー以上 
メモリ 16GB DDR-3 SDRAM(1600MHz, ECC, 8GBx2)
ハードディスクドライブ構成 256GB SSD 1st + 500GB SATA HDD 2nd
グラフィックス NVIDIA Quadro K2000 2GB
オプティカルドライブ DVDドライブ
ネットワークコントローラ オンボード
キーボード USB スタンダードキーボード(日本語版109Aキーボード)
マウス USB光学式レーザースクロールマウス
ポート USBポート
画面解像度 1920×1080 (ワイドスクリーン)
オフィスソフトウェア Microsoft® Office Personal 2013 (日本語版)

(2014年10月時点での選定となっております)

※Windows®(その他商標・登録商標名)は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。