2D・3D CAD / CAM / SolidEdge
ソフトウェア販売・開発・メンテナンス

お電話でのお問合せはこちら

0120-092-023

English

製品紹介

MACsheet BEND

MACsheet BENDとは?

キャドマックの最新ベンディングシミュレーションソフトです。

ベンディングシミュレーションソフトは曲げ工程を効率よく進めていくために、使用する金型、パンチ、ダイ等の組み合わせ・曲げ順番・干渉せずに曲げが実行できるか事前に確認するためのものです。加工機によってはNCデータの作成まで行えます。

このソフトの特徴の1つとして、主要メーカ*1の3DCADからCADLink機能にてダイレクトにパーツデータを受け取り、ベンディングシミュレーションが行えることがあります。最近では設計の3次元化が定着しつつあります。せっかく3次元データがあるのであれば、使わない手はありません。3次元データを有効に活用することで、効率向上に繋がります。

もちろん2DCADデータ(DXFデータ*2)を使用することも出来ます。

こんなことで困っていませんか?

曲げ不良を削減したい!曲げられるワークをブランク加工したい!

ベンディングシミュレーションソフトは、曲げが可能な展開図であるか確認できます。ブランク加工前に確認することで無駄を省きます。

段取り時間を短縮したい!

金型交換なしで曲げが可能かシミュレーションを行い、段取り削減できるか確認できます。

3DCADデータを活用したい!

CADLink機能を使う。STEP・IGESデータ読込が出来ます。

機能

自動機能

複数部品データの、金型選択からNCプログラムの出力までを自動で処理を行う機能です。
金型固定、部品ごとの金型検索指定が可能でなおかつ、複数台の加工機を指定し、実行することが出来ます。
NCプログラムまで作成が出来ない部品は、処理できたところまでの状態で保存されます。金型選択は出来たが、曲げ順が検索できていない場合には金型を選択したところで保存となります。自動処理の結果が下記のようにツリー構成で表示され、どこまで処理されたのか確認でき、ファイルを開き手動修正することが出来ます。

自動機能

CADLink

SolidEdge®、Solidworks®等の主要3DCAD*1からモデルデータをダイレクトに読み込みます。3DCADにあるMBエクスポートアイコンをクリックするだけで転送されます。

CADLink

伸びテーブル

曲げRとV幅での補正値テーブルを持ち、3DCADデータを補正値を考慮した展開データにします。選択した金型によって補正が連動し、展開長が変化します。

伸びテーブル

自動金型・曲げ順検索

金型・曲げ順同時検索が出来ます。干渉を考慮した検索はもちろん、曲げR・耐圧も考慮します。選択した加工機の保有金型から検索・よく使うお気に入り金型から検索と検索範囲を指定し実行できます。

自動金型・曲げ順検索

手動金型選択・金型セットアップ

手動金型選択では選択画面にて、曲げR・高さ情報が表示され確認を行いながら決めることが可能です。

よく使用する金型のセット(固定段取り)をセットアップファイルとして登録。登録したセットアップファイルを読み込み、段取り固定セットで曲げ実行できるか試すことが出来ます。段取り削減に有効な機能です。

手動金型選択・金型セットアップ

手動曲げ順指定

指定方法は、正順指示・逆順指示・展開図指示の3通りあります。
下記は展開図指示。曲げ線を選択することで曲げた表示になります。

手動曲げ順指定

干渉チェック

パーツと金型・中間板・加工機の干渉をチェックします。
スプリングバック時の干渉もチェックしています。

CADLink
*1SolidEdge®/SolidWorks® /Autodesk® Inventor® /Pro/ENGINEER®
  • SolidWorks®は、Dassault Systemes SolidWorks Corporation の登録商標です。
  • Solid Edge®は、Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.の商標です。
  • Autodesk®、およびAutodesk® Inventor®は米国オートデスク社およびその他の国における商標又は登録商標です。
  • Pro/Engineer®は、Parametric Technology Corporationの登録商標です。
*2読込には条件があります。

動作環境

MACsheetシリーズ ハードウエア要件(推奨環境)

オペレーティングシステム Windows 7 Professional (64bit) (日本語版)
プロセッサー インテルR Core i7 、インテル® Xeon® E3プロセッサー以上 
メモリ 16GB DDR-3 SDRAM(1600MHz, ECC, 8GBx2)
ハードディスクドライブ構成 256GB SSD 1st + 500GB SATA HDD 2nd
グラフィックス NVIDIA Quadro K2000 2GB
オプティカルドライブ DVDドライブ
ネットワークコントローラ オンボード
キーボード USB スタンダードキーボード(日本語版109Aキーボード)
マウス USB光学式レーザースクロールマウス
ポート USBポート
画面解像度 1920×1080 (ワイドスクリーン)
オフィスソフトウェア Microsoft® Office Personal 2013 (日本語版)

(2014年10月時点での選定となっております)

※Windows®(その他商標・登録商標名)は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。